新しいバスケの形「3×3」ってなに?通常バスケとの違いを解説

3×33×3
スポンサーリンク

2020(2021年開催予定)東京オリンピックに、オリンピックの競技として取り入れられた、バスケの新しい形である「3×3」。

同時期にBリーグが一気に盛り上がったこともあり、世界的にもリードしている3×3の世界が日本でそこまで浸透しきれていないという状況もあります。

そこで今回は、初心者向けバスケメディアであるブザビが、新しいバスケの形である「3×3」の特徴や5対5のバスケとの違いなどを解説していきます。

スポンサーリンク

そもそも3×3ってなに?

でははじめに「3×3とは?」というところから見ていきたいと思います。

3×3の概要

「3×3」は「スリーエックススリー」という呼び方が正式な呼び名となります。

少し前まで、「スリーバイスリー」という呼び方も公式のものとされていましたが、「スリーエックススリー」に統一されました。

3×3の歴史

過去から現在まで、「3 on 3(スリーオンスリー)」という名で、3×3と同じような、3対3形式のバスケットボールの試合は存在していました。しかし、ローカルルールが多く、FIBAで統一された公式ルールと呼べるものがなかったことからFIBAが3対3形式のバスケの公式ルールを統一し、呼び名を統一したことで正式な競技として誕生しました。

コートが狭く、選手の数が5対5より少ないため、1人1人の責任や力、チームの連携が重要になります。

街中というコンセプト

BリーグやNBAなどの5人制バスケは、「アリーナ」や「体育館」を舞台とするのが通常ですが、3×3はショッピングモールや広場など通常はスポーツをする場所ではないところにコートを作ることも特徴で、街中で「バスケ」というエンターテインメントを魅せていくというコンセプトで展開されています。

3×3のルール

3×3ルール

では、もう少し細かく5対5バスケとのルールの違いを見ていきます。

ボールは6号球

男子は7号、女子は6号というのが5対5バスケのルールですが、3×3では男女とも6号のボールを使います。しかし、単なる6号球ではなく、重さは7号球とほぼ同じという3×3用の公式球が指定されており、黄色と紺色のボールで目立つボールになっています。

コートは半分

3×3は、5人制バスケの「ハーフコート」で行われる競技となっており、1つのリングで競い合う形になっています。

1チーム4人登録

5人制バスケでは、登録12人(リーグや大会によっては15人)で試合に同時に出場するのが5人という形ですが、3×3では、同時出場3人、控え選手1人の4人で1チームを形成することになります。

得点は1点と2点

3×3では、5人制でいうところの2点シュートが入ると1点、3点シュートが入ると2点の得点が入ります。5人制バスケよりもライン(5人制でいう3Pライン)の外からのシュートの成功の重みが大きく、5人制では2点と3点の1.5倍ですが、3×3では1点と2点で2倍の差があることに注目です。

1試合10分 or 21点先取

5人制バスケは10分を4回繰り返すことで1試合となります。3×3は、10分1本勝負ではあるのですが、先にどちらかのチームが21点をとった場合にはその時点で試合が終了になることが特徴です。

ショットクロックは12秒

5人制と比べコートが小さく、すぐにシュートを打てるということもあり、ショットクロックは5人制の半分の12秒で設定されています。これにより非常に早い展開をハーフコートでも作ることができ、非常にエキサイティングな試合展開をみることができます。

チームファウルは6回で制限

チームファウルは試合全体を通して6回までが通常となっており、7回以降に関しては、相手チームにフリースロー2本が与えられ、10回を超えるとフリースロー2本だけではなく攻撃権もセットとして相手チームに与えることになります。

攻撃チームが変わったらアーク外に出なければならない

1つのリングしか使わない3×3独自のルールですが、リバウンドをとったり、相手のボールをスティールして攻撃チームが変わる場合、ボールをアーク(5人制でいう3Pライン)の外に出さなければなりません。ボールを外に出した後は自由に攻撃することが可能です。

上記以外にも細かいルールの違いはありますが、大体上記を覚えておけば問題ないでしょう。上記以外のバスケの基本ルールは一緒です。

3×3のプロリーグ

3×3は、新たに誕生したバスケのフォーマットではありますが、少しずつ世界でプロリーグが誕生しており、その中でも実は日本は世界をリードしている存在なんです。

3×3.EXE PREMIER

3×3 exe premier

3×3の世界初のプロリーグであるのが3×3.EXE PREMIERです。日本で繰り広げられている3×3のリーグであり、このリーグの存在が日本代表が世界上位に食い込める要因の一つとも言われており、主に街中でプロのエキサイティングな試合を行って、ファンを獲得しています。

BIG3

BIG3

アメリカの3×3リーグであり、FIBAルールの3×3ではないものの、非常に盛り上がりをみせるリーグです。

得点が通常バスケと同じように入るルールであったり、4点シュートが存在したり、25点選手にしたり、NBAの元大スターを選手として起用するなどエンターテインメントとしての魅力が非常に強く、NBAレベルではフルコートでバスケをできなくなった選手たちでも、ハーフコートのクイックネス勝負やシュートスキル勝負になると輝きを取り戻すことも少なくないため、非常にレベルと人気の高いリーグとなっています

まとめ

いかがでしたでしょうか。

上記で見ていただいた通り、3×3は5人制バスケのベースは残しながらも、
全く違う競技として進化しているということがご理解いただけたかと思います。

5人制にはない盛り上がりや迫力が確実にありますので、
新しい形として沼にハマってみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました