【2020年版】福岡県の女子高校バスケ強豪校トップ4をご紹介

精華女子バスケットボール部高校
スポンサーリンク

これまで、当サイトでは高校バスケの強豪校について、
男子チームに限って分析をしてきましたが、今回は福岡県の「女子」にフォーカスして、
強豪校分析をしてみたいと思います。

福岡県の高校男子の強豪校分析はこちら

【2020年版】福岡県の高校バスケ強豪校を過去大会の情報から徹底解説!
高校バスケ界で知らない人はいない、福岡第一高校と福大大濠高校の所在地である福岡県。全国でも屈指の激戦エリアである福岡県の2010年代のトップ4を独自調査で徹底解説します。

その他の都道府県の女子の強豪校分析はこちら

【2020年度版】各都道府県の高校女子バスケットボール強豪校分析一覧
女子高校バスケットボールの2010年代の各都道府県大会の結果を元に、各都道府県の成績トップ4を分析、ご紹介しております。 あなたの住んでいる都道府県の女子高校バスケの強豪校はどこでしょうか?参考にしてください。

2010年代の大会実績から、2010年福岡県の女子バスケ強豪校TOP4をご紹介します。

スポンサーリンク

TOP4の決め方

ではここから、福岡県の高校バスケ女子の強豪校についてご紹介したいのですが、出来るだけ「実績」ベースでご紹介をしたいので、今回は下記のような方法で集計をした結果をご紹介したいと思います。

公式記録として掲載されている結果

福岡県高校バスケットボールの公式記録として掲載されている、結果を参考に集計します。
(参考:https://www.fukuoka-basketball.com/blank-3)

また、1つの大会のみを集計するとブレが大きくなりやすいので、新人大会、インターハイ福岡県予選、ウインターカップ福岡県予選を集計します。

順位によってポイント付与

各大会上位4位のチームに対し、1位4P、2位3P、3位2P、4位1Pとポイントをつけて集計。

ポイントが多い順に並べた場合の4つの学校をTOP4とします。
※3位決定戦をやっていない大会の場合には3位両校に3位のポイントをつけています。
※ウインターカップ予選で、総体の結果から出場が決まり、予選に参加していない場合には、1位として換算しています。

2011年〜2019年の各大会結果

公式記録として掲載されている各大会の結果はこちらの通りです。

大会1位2位3位4位
2011年新人大会精華女子中村学園女子福岡大若葉筑紫女学園
2011年インターハイ福岡大若葉中村学園女子精華女子折尾愛真
2011年ウインターカップ福岡大若葉中村学園女子精華女子折尾愛真
2012年新人大会精華女子福岡大若葉中村学園女子福岡工大城東
2012年インターハイ精華女子中村学園女子福岡大若葉筑紫女学園
2012年ウインターカップ中村学園女子精華女子福岡大若葉西日本短大附属
2013年新人大会福岡大若葉中村学園女子西日本短大附属東海大福岡
2013年インターハイ福岡大若葉精華女子福岡工大城東中村学園女子
2013年ウインターカップ福岡大若葉精華女子福岡工大城東中村学園女子
2014年新人大会福岡大若葉精華女子東筑紫学園西日本短大附属
2014年インターハイ福岡大若葉中村学園女子西日本短大附属精華女子
2014年ウインターカップ福岡大若葉中村学園女子精華女子東筑紫学園
2015年新人大会中村学園女子精華女子福岡大若葉東海大福岡
2015年インターハイ福岡大若葉西日本短大附属東海大福岡精華女子
2015年ウインターカップ福岡大若葉精華女子東海大福岡西日本短大附属
2016年新人大会福岡大若葉中村学園女子精華女子東海大福岡
2016年インターハイ東海大福岡精華女子中村学園女子福岡大若葉
2016年ウインターカップ中村学園女子東筑紫学園精華女子東海大福岡
2017年新人大会東海大福岡精華女子福岡大若葉宗像
2017年インターハイ福岡大若葉精華女子中村学園女子東海大福岡
2017年ウインターカップ精華女子福岡大若葉東海大福岡中村学園女子
2018年新人大会精華女子福岡大若葉東海大福岡中村学園女子
2018年インターハイ精華女子東海大福岡福岡大若葉筑紫女学園
2018年ウインターカップ精華女子東海大福岡中村学園女子宗像
2019年新人大会精華女子福岡大若葉東海大福岡筑紫女学園
2019年インターハイ精華女子中村学園女子東海大福岡福岡大若葉
2019年ウインターカップ精華女子東海大福岡中村学園女子福岡大若葉

TOP4のご紹介

では、上記の計算をした結果の福岡県の高校女子バスケ強豪校TOP4をご紹介します。

精華女子

出典:https://www.seika-ghs.ed.jp/club/sports.php

集計のポイントは、79P。

2011年〜2019年の新人戦、インターハイ予選、ウインターカップ予選(計27大会)で優勝10回、2位9回、3位5回、4位2回と超優秀な成績を誇ります。

1回の大会以外、全てでベスト4に進出し、全国大会でも上位に進出しています。

福岡大若葉

福岡大若葉女子バスケットボール部

出典:https://www.f-wakaba.ed.jp/club.html

集計ポイントは、76P。

27大会で、1位12回、2位4回、3位7回、4位2回とこちらも優秀な成績をおさめています。
精華女子よりも、優勝回数は多い成績をおさめています。

全国大会にももちろん出場をしており、安定して上位にいることから、
しっかりとした実力のあるチームと言えるでしょう。

中村学園女子

中村学園女子バスケットボール部

出典:http://nakamura-njh.ed.jp/life/club_detail?club_id=11

集計ポイントは、55P。

2011年〜2019年の27大会で、1位3回、2位9回、3位7回、4回2回と、
半分以上の大会でベスト4に進出している強豪校です。

2000年代に全国上位に進出していたことを知っている人からすれば、
この成績は少し物足りない形かもしれません。
復活が待たれます。

東海大福岡

東海大福岡女子バスケットボール部

出典:https://www.fukuoka.tokai.ed.jp/campus/club

集計ポイントは、35P。

2011〜2019年の27大会で、1位2回、2位3回、3位7回、4位4回という成績を残しています。

少し前まで、東海大第五という校名でしたが、現在は東海大福岡となりました。
2016年あたりからベスト4の常連となり、全国大会にも出場するチームとなっています。

国内バスケ観るならDAZN

たまにTV放送もされていますが、まだまだ国内での発信力がなかなかないのがバスケ。

それでもお家でバスケ観戦をしたい!そんな時ににおすすめなのが、
DAZN(ダゾーン)」です。

DAZN

無料会員登録で利用でき、最初の1ヶ月は0円でBリーグ観戦を楽しむことができます。

使い方も、観戦の仕方もシンプルで簡単。

お家で気軽にバスケ観戦もしたい!そんな時にはまずDAZNに登録してみましょう。

DAZNに登録する

まとめ

いかがでしたでしょうか。

福岡県の女子高校バスケは、ベスト4が固定されており、
ほぼ4チームの中のどこかのチームが優勝するという形になっています。

精華女子が連覇もしていて実力が抜きん出ているようにも見えますが、
その他のチームも全国大会で勝ち進む力を持っているチームばかりですので、
今後も熾烈な争いが繰り広げられるエリアと言って良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました