【2020年版】岡山県の女子高校バスケ強豪校トップ4をご紹介

就実女子バスケットボール部高校
スポンサーリンク

これまで、当サイトでは高校バスケの強豪校について、
男子チームに限って分析をしてきましたが、今回は岡山県の「女子」にフォーカスして、
強豪校分析をしてみたいと思います。

岡山県の高校男子の強豪校分析はこちら

その他の都道府県の女子の強豪校分析はこちら

2010年代の大会実績から、2010年代岡山県の女子バスケ強豪校TOP4をご紹介します。

スポンサーリンク

TOP4の決め方

ではここから、岡山県の高校バスケ女子の強豪校についてご紹介したいのですが、出来るだけ「実績」ベースでご紹介をしたいので、今回は下記のような方法で集計をした結果をご紹介したいと思います。

公式記録として掲載されている結果

岡山県高校バスケットボールの公式記録として掲載されている、結果を参考に集計します。
(参考:http://okakoutai-basketball.com/result.html)

また、1つの大会のみを集計するとブレが大きくなりやすいので、新人大会、インターハイ岡山県予選、ウインターカップ岡山県予選を集計します。

順位によってポイント付与

各大会上位4位のチームに対し、1位4P、2位3P、3位2P、4位1Pとポイントをつけて集計。

ポイントが多い順に並べた場合の4つの学校をTOP4とします。
※3位決定戦をやっていない大会の場合には3位両校に3位のポイントをつけています。
※ウインターカップ予選で、総体の結果から出場が決まり、予選に参加していない場合には、1位として換算しています。

2012年〜2019年の各大会結果

公式記録として掲載されている各大会の結果はこちらの通りです。

大会1位2位3位4位
2012年新人大会就実倉敷翠松明誠学院岡山東商業
2012年インターハイ倉敷翠松明誠学院岡山南就実
2012年ウインターカップ倉敷翠松就実岡山南明誠学院
2013年新人大会就実倉敷翠松明誠学院岡山東商業
2013年インターハイ倉敷翠松就実明誠学院岡山東商業
2013年ウインターカップ就実倉敷翠松明誠学院岡山東商業
2014年新人大会倉敷翠松就実明誠学院岡山東商業
2014年インターハイ就実明誠学院倉敷翠松岡山東商業
2014年ウインターカップ就実倉敷翠松明誠学院岡山東商業
2015年新人大会就実倉敷翠松明誠学院総社
2015年インターハイ就実倉敷翠松明誠学院岡山東商業
2015年ウインターカップ就実倉敷翠松明誠学院岡山東商業
2016年新人大会就実明誠学院岡山東商業倉敷翠松
2016年インターハイ就実倉敷翠松明誠学院岡山東商業
2016年ウインターカップ就実明誠学院岡山東商業倉敷翠松
2017年新人大会就実倉敷翠松作陽明誠学院
2017年インターハイ就実岡山東商業明誠学院倉敷翠松
2017年ウインターカップ就実岡山東商業明誠学院倉敷翠松
2018年新人大会就実倉敷翠松明誠学院岡山東商業
2018年インターハイ就実倉敷翠松玉野光南作陽
2018年ウインターカップ就実倉敷翠松創志学園作陽
2019年新人大会就実倉敷翠松明誠学院作陽
2019年インターハイ就実倉敷翠松明誠学院作陽
2019年ウインターカップ就実倉敷翠松岡山東商業作陽

TOP4のご紹介

では、上記の計算をした結果の岡山県の高校女子バスケ強豪校TOP4をご紹介します。

就実

就実女子バスケットボール部

出典:https://www.shujitsu-h.ed.jp/hi/s-club/#club05

集計のポイントは、91P。

2012年〜2019年の新人戦、インターハイ予選、ウインターカップ予選(計24大会)で優勝20回、2位3回、3位1回と圧倒的な成績を誇ります。

ベスト4を逃したことがなく、ほとんどの大会で優勝しています。

岡山県女子バスケと言ったら、就実と言えるようなチームでしょう。

倉敷翠松

倉敷翠松女子バスケットボール部

出典:http://www.suisho.ed.jp/club/basketball.html

集計ポイントは、70P。

24大会で、1位4回、2位15回、3位4回、4位1回とこちらも優秀な成績をおさめています。
この期間内で就実以外に優勝している唯一のチームです。

全国大会出場も果たしており、実力は確実にあると言えるでしょう。

直近も連続で準優勝しており、トップ争いをばちばちやり合っているチームです。

明誠学院

明誠学院バスケットボール部

出典:https://www.meiseigakuin.ac.jp/schoollife/club/

集計ポイントは、45P。

2012年〜2019年の24大会で、2位4回、3位16回、4回1回と、
この集計期間のほとんどの大会で3位以上の成績を残しているチームです。

同期間に全国大会出場経験のある2チームには中々勝ててはいませんが、
常にベスト4まで残り、3位の地位を確実にモノにしているチームと言えます。

安定感があるチームのため、強化次第で一気に全国大会常連になる力を秘めていると言えるでしょう。

岡山東商業

岡山東商業女子バスケットボール部

出典:https://www.osaka-c.ed.jp/teshima/index.html

集計ポイントは、30P。

2012〜2019年の24大会で、2位2回、3位10回、4位4回という成績を残しています。

2010年代前半は、よくベスト4に食い込んでいましたが、
ここ数年はなかなかベスト4に食い込む前に敗れてしまっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

岡山県女子高校バスケは、
就実を1トップとして、出来上がっている勢力図で、
3チームがほぼ固定で、1チームどのチームが勝ち上がってくるかで、
ベスト4の顔ぶれが出揃うという状況です。

しかし、2位以下はほぼ毎大会順位が変わるため、
実力が拮抗しているとも言えます。

この中で突出した強化をするチームが出てくると、
トップを含めて大きく勢力図が変わるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました