トランジションってなに?バスケ用語解説とトランジションが速くなる方法解説

レイアップを狙う選手豆知識

バスケの試合などの解説でよく用いられる「トランジション」という言葉。

日本語で言って欲しい・・・という気持ちがあると思いますが、バスケットボールは元々英語圏発のスポーツ。
少し、横文字が混ざってしまうのはしょうがないというところでもあります。

そこで今回は、バスケ用語としての「トランジション」の意味や意義、使い方や上手い選手やチームのトランジションについてご紹介します。

バスケ用語「トランジション」とは?

そもそもトランジションとは

トランジションの意味は?

そもそも「トランジション」という単語は、英語の「transition」が元の言葉で、「切り替え」という意味を持っている単語です。バスケでも「切り替え」という意味で使われており、特に「攻守の切り替え」のことを指しています。これに転じて、「速い展開」という意味でもトランジションは使われますが、基本的には、「切り替えの早さ(速さ)」を指していると考えてみましょう。

トランジションの使い方

バスケでのトランジションの使い方としては、「トランジションが速い」「トランジションが良くない」「トランジションについていけない」などと使用します。

トランジション=「攻守の切り替えのスピード」を意味しているため、基本的には、トランジションが早い(速い)、遅いで表現されます。

速い方が良いとされているため、トランジションが悪い=トランジションが遅いという意味になります。

トランジションが速いプレイヤーになるには?

では、バスケの上手いプレイヤーになるために、「トランジションを早く(速く)」するにはどうしたらいいのかをご紹介します。

ボールから目を離さない

バスケットボールは、どちらのチームの選手がボールを保持しているかというその事実だけで、攻守が決まります。そのため、ボールから目を離すということは、「攻守の切り替えのタイミングを見逃す可能性が高い」ということになります。

もちろん、試合時間中ボールから目を離すことは、少しはあり得ると思いますが、その時間を極力減らすように努力すると、トランジションが速くなっていきます。

試合映像を見て研究する

バスケの試合で、攻守の切り替えが起きる場面では、いくつかのパターンがあり、どのようなプレイが起こると攻守の切り替えが起きるのかはわかってきます。

また、対戦するチームのプレイを良く見ておくと、癖などが読み取れるため、それに対する対策を取ることができ、トランジションを速くする形を準備しておくことができます。

トランジションのテンポの速いチームにするには?

トランジションの速いチームにするには?

多くの強豪チームは、「トランジション」のテンポが速いのです。これは強いチームになればなるほど顕著になっていくため強いチーム = トランジションが速いと言えます。

チームディフェンスを徹底する

1on1ディフェンスは、バスケの基本ではありますが、ヘルプやダブルチーム、ゾーンディフェンスなどを取り入れていくと、どうしてもチームプレイをせざるを得なくなります。

チームディフェンスを強化しようとするとどうしても、全ての選手がボールを見ながら動くことになります。そのためチームディフェンスを徹底すると、トランジションの速いチームになります。

チームの中での声出しを徹底する

ボールから目を離さなければ、トランジションが速くなるということは、すでにご紹介しましたが、どうしても一瞬目を離すというタイミングはどの選手でも出てきます。

そんな味方のためにも、チームで1プレーずつ声を出してプレイすることで、チーム全体のトランジションを上げることができます

ミスに落ち込まない雰囲気を作る

トランジションが遅くなる原因の1つとして、前のプレイでのミスなどを引きずるというものが挙げられます。

ミスを責めるようなチームの雰囲気があると、1プレーごとに選手の動きが止まってしまいますが、「ドンマイ!」と言って、励まし合えるチームは、落ち込む時間が少なく、チーム全体のトランジションを向上させることができます。

最後に

バスケにおいて、「トランジション」は勝敗を左右するほど大きく、
誰でも知っていなければならないほど、よく使われる単語です。

この記事を参考に、トランジションについて少し深く捉えて、
今後のプレーや観戦にお役立てください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました