Bリーグに就職?バスケに関わる職種・仕事と求人の探し方をご紹介

アナリストライフスタイル
スポンサーリンク

学生時代にバスケをやっていたけど、大人になってからはやっていない方。大人になってからバスケに出会ってハマってしまった方。

辞めてしまった理由や、ハマった理由は人それぞれだと思いますが、「バスケが好き」な方であれば一度は、

「選手は無理でもバスケに関わる仕事をしてみたい」

そんなことを考えたことあるのではないでしょうか?

しかし、バスケに関わる仕事なんて選手以外になかなか思いつかないですよね?
そこで今回は、「バスケに携わる仕事」とそういった求人を探すオススメの方法をご紹介します。

スポンサーリンク

バスケに関わる意外に知られていないお仕事

まず、あまり知られていない、バスケに関わるお仕事についてご紹介したいと思います。

営業

営業

バスケのプロチームにも「営業」というお仕事は存在しており、結構頻繁に求人を出しています。

大抵の場合、スポンサー(広告主)を集めたり、そういった方々との関係性を維持するようなお仕事になります。
広告営業になるため、広告代理店などでお仕事されていた方はイメージがつきやすいかもしれません。

Bリーグの場合には、地域密着の度合いが強いため、基本的にはそのチームが本拠地を置く街やその都道府県の中での営業となりますので、超出張が多いというようなことにはならないかと思います。

企画・マーケティング

マーケティング

プロチームのスポンサー収入以外の収益源がチケット収入やグッズ販売の収入です。
会場への集客やグッズ販売が向上したり、上手くいくように企画したり、施策を講じたり、分析をしたりするのがマーケティング・企画のお仕事になります。

仕組みを作ったり、仕掛けを作ったりするようなお仕事になりますので、そこまで多い人数は採用されないと思いますが、SNS上のマーケティングが上手いBリーグでは、採用枠が他のスポーツより多い傾向にあるかもしれません。また、各チームだけではなく、Bリーグという組織でもこのマーケティング・企画のスタッフは必要なので、今後も求人が出てくることでしょう。

アナリスト

アナリスト

こちらは、最近のスポーツでは当たり前になった職業ですが、各選手の動きや確率などを分析して、監督や選手に数字の伝達やアドバイスを行うスタッフのことです。

公式戦でもベンチやベンチのすぐ近くのところに座って、パソコンやタブレットをずっと見ているようなスタッフがこちらのアナリストに当たります。必要なスキルや知識としては、統計的な知識が必要であり、大抵の場合、プログラミングなどの技術によって即座に分析をすることが求められるので、そのあたりの知識も必要です。大枠で言えば、理系のお仕事ということになるでしょう。

通訳

通訳は解説の必要がないと思いますが、外国人選手や監督のコミュニケーションをサポートするスタッフになります。一部所属選手のマネージメントなどのような仕事も担うことになりますので、語学だけではなく、バスケットボールの知識や軽いパスの相手になるなどができるとより良いでしょう。

日本に来日する選手や監督はアメリカ人や英語圏の選手が多いですが、スペイン語・ポルトガル語といったラテン語圏もバスケが盛んであり、地理的にもアジア人選手の来日も想定されるため、英語以外の言語の通訳スタッフも今後より必要とされるでしょう。

選手のエージェント

こちらは、バスケのチームの仕事ではなく、プロ選手の契約などを取りまとめる「代理人」としての仕事です。

日本のプロスポーツではあまり進出していませんが、アメリカのプロスポーツでは代理人(エージェント)という存在は当たり前で、むしろ代理人がいないとチームが契約してくれないような状態です。日本でも外国人選手や一部の日本人選手は代理人を通して契約を締結しており、プロバスケが拡大することで、日本でも需要が拡大していくことでしょう。

必要な知識やスキルとしては、人とのコミュニケーションや交渉が上手いということと、法律的な知識が必要です。もちろん、ある程度仕事を始めてから身につけられる部分もありますが、転職や就職という面でみれば、前もってそういったスキルがある方が有利です。

秘書

プロスポーツチームは、何を隠そう「株式会社」として運営されていることがほとんどです。

また、Bリーグ自体も株式会社という普通の会社と同じ形で運営されています。そのため、各社には代表取締役社長のような役員などが存在しており、そういった人たちの秘書という仕事も立派なバスケに関わる仕事でしょう。

特にBリーグのチームの代表者はリーグの知名度や来場者数が多くなるにつれて多忙になっており、秘書を募集しているチームも少なくありません。

会場スタッフ

ここからは、明確な正社員ではない場合もありますが、バスケの会場スタッフの仕事です。

会場の案内や設営などが主な仕事になります。アルバイトなどで募集されていることも多いため、チームに雇用されているというよりは、派遣のバイトということも多いですが、立派なバスケに関われる仕事でしょう。

バスケショップのスタッフ

こちらは、バスケットボール用品の店舗スタッフや、バスケに関するブランドのスタッフです。店員としては正社員からアルバイトまでありますが、ブランドの企画などのスタッフとなれば、正社員ということが多いと思います。

昔に比べて、バスケットボール専門ショップというのも増えましたし、ブランドも増えてきているので、今後さらに求人が増えていくでしょう。

バスケットボールコーチ

ミニバスからクラブチーム、バスケットボール教室まで、日本でもコーチが活躍できる場が増えてきていますので、バスケのコーチとして生きるというのもだんだん可能になってきています

バイトに近いところから始められるのが、バスケットボール教室のコーチで、完全な職業となると、Bリーグやその下部組織のコーチでしょう。Bリーグのヘッドコーチとなれば、数千万円の報酬ももらえますので、結構夢のある仕事かと思います。しかし、営業や企画などの仕事と比べると誰でもできるわけではありませんので、難易度は高いと言えるでしょう。

バスケ求人のオススメの探し方

バスケに関する求人にはオススメの探し方が3種類ありますのでご紹介します。

求人サイト経由で応募する

バスケに関する求人も一般的な求人と同じように、求人情報サイトや転職サイトに求人情報が掲載されますので、こういったサイトを使うと良いでしょう。しかし、その中でもオススメな転職サイト・求人サイトがありますので、3つご紹介します。

スポーツ経験を活かして就職・転職する

現在の日本では、各サービスの特徴ごとにさまざまな、人材サービスがありますが、スポーツ経験を活かして仕事探しができるというサービスがあり、【アスリートエージェント】が有名です。アスリート経験のある人向けの求人やキャリア支援を行っており、スポーツに関連する仕事も多数取り揃えられています



求人数が多いサービス

求人数が非常に多いサイトにも、バスケに関連する求人情報もたくさん掲載されます。オススメなのは、マイナビのようなサイトです。長年の歴史があり、スポーツ業界にスポンサーのような形で参入していますので、スポーツに関連する求人情報もたくさん掲載されます。



会場スタッフとして関わりたい

会場スタッフや店舗のスタッフのように、アルバイトのような少し軽めなお仕事から、バスケに仕事として参加したい場合には、バイト専門の求人サービスを利用しましょう。オススメとしては、バイトが決まるとお祝い金がもらえる【マッハバイト】です。



知人の紹介で採用される

未経験だと難しいかもしれませんが、元々バスケットボールを高いレベルでやっていたような人で、お仕事として、マーケティングや統計などのスキルがある方や営業でバリバリやっていくということであれば、知り合いの伝で採用されるということも難しくないでしょう。

しかし、逆に知り合いや関係者が近くにいない場合には、この方法は撮りづらいですね。

公式サイトから応募する

Bリーグはリーグ全体や各チームの求人情報を公式サイトで公開しており、ここから応募することもできます。このチームがいい!という場合には、公式サイトから応募してみると良いでしょう。

バスケ関連の仕事に採用されるコツ

面接

バスケへの熱意を伝える

やはり、バスケをあまり知らない人よりもバスケが好きであるという人の方が、採用する側としては採りたいと思うでしょう。もちろん、仕事をするということですので、熱意だけではどうしようもない部分もありますが、同じようなスキル・経験の人がいた場合には、熱意がある方を採るというのは自然なことです。

誠実な仕事をすることを伝える

プロスポーツチームに就職したり、コーチとして仕事をしたりしても、結局は株式会社という普通の会社と同じような仕組みの中で働くことになります。そのため、大切なのは仕事のスキルと共に、誠実なことです。報連相や期日通りに仕上げるなど、一般的な社会人のスキルがあれば問題ないですが、こういったことを伝えるようにしましょう。

仕事でのスキルを伝える

再三お伝えしている点ですが、バスケの仕事に就くといっても、株式会社に入社するということになりますので、基本的には仕事のスキル面が一番重要になります。未経験の仕事に就きたい場合には、熱意で押し切るようなことをすることになりますが、経験のある仕事で転職・就職などを考えている場合には、自分のスキルが高いことをアピールすることが重要です。

まとめ

  • バスケ関連の仕事は結構たくさんある
  • 求人サイトなどを使うと良い (オススメはアスリートエージェントとマイナビ)
  • Bリーグ公式サイトでも募集している
  • 一般的な会社への転職・就職と同じであると認識すべし

以上の点を踏まえて、バスケに関連する仕事に採用され、日本のバスケ界に貢献していただけるよう願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました