50-40-90クラブって何?概念の解説と超優秀な選手であることについて紹介

50-40-90クラブの2人NBA
スポンサーリンク

NBAの解説を観ていると、「50-40-90(フィフティ・フォーティ・ナインティ)クラブ」という言葉がたまに出てきており、なんかの記録であるということはわかるものの、あまりその概念について解説されることはありません。

そこで今回は、超優秀な選手の証である「50-40-90」の概念の説明と、なぜそれが優秀な選手である証なのかをご紹介します。

スポンサーリンク

50-40-90クラブってなに?

NBAでよく言われている、「50-40-90」とは、シーズンを通して1人の選手が、FG%が50%を超え、3P%が40%を超え、FT%が90%を超えていることを指しており、「50-40-90クラブ」とは、それを達成した選手たちの総称になっています。

3Pが1979-80シーズンに入ってから登場したこともあり、非常に少ない人数しかいないことでも知られています。

スリーポイントはいつから?歴史と背景、カテゴリ毎のスリーポイントラインの違いを解説
スリーポイントは現在のバスケの世界では当たり前に存在しているルールですが、実はバスケが誕生した頃にはなかったルールで、途中から誕生しました。では、なぜスリーポイントが生まれ、ルールとして定着したのか。記事の中で解説します。

たった9人しかいない

50-40-90を達成した選手はNBAの歴史上でも、たったの「9人」しかいません。複数回達成している選手もいますが、回数を数えてもNBAの歴史上「13回」しかありません。

※2020-21シーズンの結果を反映しました。

選手名シーズンFG%3P%FT%
ラリー・バード1986–87.525.400.910
ラリー・バード1987–88.527.414.916
マーク・プライス1988–89.526.441.901
レジー・ミラー1993–94.503.421.908
スティーブ・ナッシュ2005–06.512.439.921
ダーク・ノヴィツキー2006–07.502.416.904
スティーブ・ナッシュ2007–08.504.470.906
スティーブ・ナッシュ2008–09.503.439.933
スティーブ・ナッシュ2009–10.507.426.938
ケビン・デュラント2012–13.510.416.905
ステフィン・カリー2015–16.504.454.908
マルコム・ブログドン2018–19.505.426.928
カイリー・アービング2020–21.506.402.922

これを見ると、4回も達成しているスティーブ・ナッシュが非常に優れた選手であったことがわかると思います。

なぜ、50-40-90はすごいのか

では、なぜ50-40-90はすごいのかというのを見ていきたいと思います。

FG%50%以上

正直、50-40-90の中で一番達成しやすいのがFG%の50%超えでしょう。

主にインサイドの選手は、FG%が50%を超えていることも少なくありませんので、FG%50%だけで見れば毎シーズン複数の選手が達成していることになります。

3P%40%以上

3Pが重要な戦術であり、多用されるようになった2020-21シーズンの今では、3Pシューターと呼ばれる選手は大抵の場合、3P%が40%を超えていることも結構普通になっているので、ここも優秀なシューターであれば問題なく超えてくる数字です。

3ポイント多用化は本当に効率がいいの?選手のスタッツから解説!
現代のバスケットボールでは、3ポイントシュートを乱発するような戦略をとることが、一つのトレンドとなっています。しかし、昔からバスケを見ているファンにとっては、少し疑問な点もあるでしょう。そこで今回は、3Pシュートを多用する戦略が本当に効率いいのか?勝てるチームとそうでないチームの違いはなんなのかをご紹介します。

FT%90%以上

3つの項目で一番達成しづらいのが、FT%が90%以上という項目で、2019-20シーズンまでの歴史を見ても、1シーズンで6人の選手が達成したのが最多です。

2020-21シーズンは7人以上の選手が90%を超えていますが、シーズン終了時点でどうなるかは未だ不明です。

すごい理由は「全てを達成する」こと

「50-40-90」がなぜすごいのかと言えば、上記で紹介した項目全てを同時にクリアするということです。また、それをシーズン通して行うことが出来るということは、それだけハイパフォーマンスを続けていた証明にもなります。

簡単に言えば、ゴール近くでプレイする選手並に、2回に1回以上のシュートを沈め、NBAリーグ全体の優秀なシューターの仲間入りをしており、NBA全体でも5本の指に入るほどの確率でフリースローを決めたということになります。これだけで超優秀な選手であるということはお分かりいただけると思います。

非公式の50-50-100も登場

実は、50-40-90という記録を超えた選手が、2020-21シーズンに登場しました。

2020-21シーズンのトニー・スネル選手は、FG%:51.5%,3P%:56.9%,FT%:100%を達成しました。

言うなれば、50-50-100でしょう。

シーズンを通して高確率のシューターであり続けましたが、
ベンチメンバーであり、シュート本数が少ないために「50-40-90」でも「50-50-100」としても認定されていません。

まとめ

  • 50-40-90は超優秀
  • 50-40-90を達成したらお祭りレベル
  • FTの達成が一番難しい

コメント

タイトルとURLをコピーしました