Bリーグにも売り子はいる!Bリーグの売り子事情を考察

Bリーグの売り子ライフスタイル
スポンサーリンク

日本でのスポーツ観戦の1つの楽しみ方と言えば、お酒を買って、ご飯を食べながらゆっくりと観戦するというスタイルでしょう。その楽しみ方の中でのポイントの1つになるのが、「売り子」の存在かと思います。

しかし、なかなか屋内スポーツでの売り子さんはあまり聞きません。

そこで、Bリーグの売り子さん事情について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

Bリーグの会場にも売り子さんはいる

まず、結論ですが、Bリーグの試合会場にもビール等々の売り子さんはいます

一般的なビールはもちろん、ハイボールや食べ物の売り子さんなども存在しています。

売り子さんがいない会場も多い Bリーグの会場に売り子さんがいるとは言っても、いない会場もあります。というよりもいない会場も結構あり、「売り子さんを目当てに会場に行く」ということをすると、がっかりする可能性もあるので、事前に調べてみると良いでしょう。

Bリーグの売り子さんが他のスポーツと違うところ

Bリーグと他スポーツの売り子さんの違い

では、他のスポーツの会場の売り子さんとBリーグの売り子さんが同じなのかというと、少し違うところがありますので、ご紹介しておきます。

売り子さんの数が少ない

Bリーグの会場にいる売り子さんの数は、野球の会場のような人数はいません。理由としては、さまざまありますが、お客さんの数が屋外スポーツよりも少ないことが挙げられます。

ユニフォームが違う場合もある

売り子さんの多くは、女性であり、屋外スポーツの場合は、各飲料ブランドのポロシャツなどに、下はスカートというユニフォームが多いのですが、Bリーグの会場では、下がジャージのようなスタイルだったり、ホームアリーナチームのユニフォームを着ていたりと少し屋外スポーツと違う格好をしている売り子さんも少なくありません

Bリーグ会場に売り子さんが少ない理由

屋外スポーツの会場に比べると、Bリーグの会場に売り子さんが少ないということはお話しましたが、その理由をもう少し深く見てみましょう。

売り子さんが歩くスペースが少ない

Bリーグの会場のほとんどは、専用会場ではなく、どこかの体育館を借りていることが多いため、スペース自体はそこまで広くはありません。

客席と客席の間も結構狭いため、なかなか売り子さんが歩き回るスペースがない会場も多いことが1つの理由です。

ドリンク売り場までも近い

野球やサッカーなどの屋外の大きな会場に関しては、飲み物や食べ物を買う場所が結構遠いことが多いのですが、バスケの会場はそこまで大きくはないので、ある程度近距離にあるため、わざわざ売り子さんから買うという理由が少ないということも挙げられます。

女性の観客が多い

野球やサッカーと比べて、Bリーグは観客の女性比率が圧倒的に高いのが特徴です。その影響で1人あたりの観客の飲食量が少なかったり、購入する経路が売り子さん以外の部分が大きいなどの要因が考えられます。

バスケ観るならDAZN

たまにTV放送もされていますが、まだまだ国内での発信力がなかなかないのがバスケ。

それでもお家でバスケ観戦をしたい!そんな時ににおすすめなのが、
DAZN(ダゾーン)」です。

DAZN

無料会員登録で利用でき、最初の1ヶ月は0円でBリーグ観戦を楽しむことができます。

使い方も、観戦の仕方もシンプルで簡単。

お家で気軽にバスケ観戦もしたい!そんな時にはまずDAZNに登録してみましょう。

DAZNに登録する

まとめ

以上が、Bリーグの売り子さん事情です。まとめると、

  • Bリーグでも売り子さんはいる
  • 売り子さんの数は少ない
  • 会場に売り子さんが少ない理由もちゃんとある

ということです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました