東京オリンピックの5人制女子バスケの組み合わせと日程

東京オリンピック代表チーム
スポンサーリンク

前回の記事で、東京オリンピック開催にあたっての、5人制バスケ男子の組み合わせと日程そして各チームの注目選手などをご紹介しました。

今回は、5人制女子の組み合わせや日程、大会フォーマットなどをご紹介していきます。

スポンサーリンク

大会フォーマットについて

ではまず、東京オリンピック5人制バスケの大会フォーマットについてみていきます。実は、各国のプロリーグや国際大会などのスケジュールが感染症拡大によってずれ込んだことなどを踏まえた形で、従来のオリンピックのフォーマットとは少し異なった形が採用されています。

東京オリンピックのバスケのフォーマット

2020東京オリンピック(2021開催)については、12チームがオリンピック本戦に出場します。

そして、予選リーグを3つ(A〜Cのグループ)に分けてリーグ戦を行い、3つのリーグの上位2チームは自動的に決勝トーナメント進出。各リーグの3位チームのうち、勝敗数や得失点差などの成績を鑑みた場合の上位2チームが決勝トーナメントに進出します。

そうして確定した上位8チームがトーナメント形式でメダルを争うというフォーマットになっています。

詳細は後述しますが、従来のフォーマットでは予選リーグが2つのリーグで6チームずつ争うという形をとっていたところが、東京オリンピックとの違いとなります。

従来のオリンピックのバスケのフォーマット

東京オリンピック以前のオリンピック本大会のフォーマットでは、12チーム出場は基本的に変わりませんが、6チームが総当たりで戦う予選リーグが2つ用意され、その予選リーグの中で上位4チームずつが決勝トーナメントに出場して、メダルを争うというフォーマットでした。

フォーマットが変更された経緯

東京オリンピックから、予選リーグが3つに分けられた理由としては、感染症拡大を懸念して、できるだけ短い日程で大会が終わるように組んだことが挙げられます。また、ユーロリーグやNBAプレイオフなどの大きな大会が直前まで行われているため、選手の怪我や疲労を踏まえた形も理由の一つとされています。

予選リーグが2つで6チーム総当たりのリーグ戦を行う場合、予選リーグ終了までに1チーム最低でも5試合行わなければならず、最低5日間のリーグ戦日程が必要になります。それに対して3つのリーグで4チーム総当たりにすれば、予選リーグの最低日程は3日間で済むため、日程の圧縮になるということです。

バスケファンからすれば、オリンピックという場での試合数が減ったということですので、少し複雑なフォーマット変更となっているかもしれません。

競技会場

東京オリンピックの5人制バスケの会場は、男女ともに予選リーグから全ての日程をさいたまスーパーアリーナで行うことが発表されています

これまでのオリンピックでは、予選リーグと決勝トーナメントで会場が違うということもありましたが、東京オリンピックのコンセプトがコンパクトなエリアでの開催ということもあり、一貫してさいたまスーパーアリーナで行うことになります。

予選グループの組み合わせと出場国

では各予選グループを見ていきましょう。

グループA

グループA出場国

スペイン

スペイン

FIBAランキング:3位(2021年6月15日現在)

前回のオリンピックで銀メダルを獲得しており、2010年代は出場した国際大会のほとんどでメダルを獲得しているチームです。打倒アメリカを掲げる優勝候補の一つで、東京オリンピックでもほぼ確実に上位に絡んでくるでしょう。予選リーグでは無理しない形でトップ通過を狙うのでは無いかと思われます。

カナダ

カナダ

FIBAランキング:4位(2021年6月15日現在)

FIBAランクは非常に高いですが、近年の国際大会では目立った成績を出せておらず、大体ベスト8くらいになるという特徴のあるチームです。しかし、FIBAランキングが示しているように、自力のあるチームですので、東京オリンピックでも予選リーグはなんなく突破してくるでしょう。

セルビア

セルビア

FIBAランキング:8位(2021年6月15日現在)

ユーゴスラビア時代に世界のトップクラスであった国ですが、ユーゴスラビア崩壊後はなかなか国際舞台では特筆できる成績を残せていません。実力的には、3位をキープして他グループの3位チームとの得失点差を狙う形になるかもしれません。

韓国

韓国

FIBAランキング:19位(2021年6月15日現在) 

グループAにおいて、自国から圧倒的に近い立地であり、コロナ禍でのコンディション調整の面では一番有利なチームです。かつてはオリンピックでメダルを取ったことがあるチームですが、現在は予選リーグ突破が目標というレベルでしょう。

グループA日程

  • 2021年7月26日 10:00〜 スペイン vs 韓国
  • 2021年7月26日 17:20〜 カナダ vs セルビア
  • 2021年7月29日 10:00〜 カナダ vs 韓国
  • 2021年7月29日 17:20〜 スペイン vs セルビア
  • 2021年8月1日 10:00〜 スペイン vs カナダ
  • 2021年8月1日 21:00〜 セルビア vs 韓国

グループB

グループB出場国

アメリカ

FIBAランキング:1位(2021年6月15日現在)

アトランタオリンピック以降、全てのオリンピックで金メダルを獲得している絶対王者です。東京オリンピックでも、ダントツの優勝候補です。どれくらいのメンバーが来日できるかがわかりませんが、多くがWNBA選手で構成されるため、最強メンバーでなかったとしても、他のチームよりも強力なロスターになることが予想されます。

フランス

フランス

FIBAランキング:5位(2021年6月15日現在)

前々回にあたるロンドンオリンピックで、銀メダルを獲得しているチームです。ただし、その時に初めて決勝に進出しており、オリンピックの出場自体が東京オリンピックで3回目となります。FIBAランクは5位ですが、なかなか国際大会で安定した成績を残せていないことがチームの課題となっており、東京オリンピックでは、ロスターを揃えてくることが予想されます。

日本

日本

FIBAランキング:10位

わが国日本は、グループBに入っています。グループBの中でのランキング順としては3番目のため、難しい戦いにはなりますが、前回のオリンピックでは決勝トーナメントにも進んでいたため、実力としては申し分ないでしょう。また、ほとんど国内でキャリアを積んでいるメンバーのため、怪我以外にはほぼフルメンバーで挑めるので、チーム全体のコンディションとしても他のチームよりも有利と言えるでしょう。

ナイジェリア

ナイジェリア

FIBAランキング:17位

ナイジェリアはアフリカのチャンピオンチームであり、アメリカ生まれの選手やアメリカの大学バスケ(NCAA)経験者がほとんどの非常にレベルの高いチームです。2018年のW杯では8位の結果を残しており、世界大会で上位進出する力の十分にあるチームであり、今大会のダークホースになる可能性があるチームです。

グループB日程

  • 2021年7月27日 10:00〜 フランス vs 日本
  • 2021年7月27日 13:40〜 アメリカ vs ナイジェリア
  • 2021年7月30日 13:40〜 アメリカ vs 日本
  • 2021年7月30日 17:20〜 フランス vs ナイジェリア
  • 2021年8月2日 10:00〜 日本 vs ナイジェリア
  • 2021年8月2日 13:40〜 アメリカ vs フランス

グループC

グループ出場国

オーストラリア

オーストラリア国旗

FIBAランキング:2位

世界ランキング2位の競合で、2000年以降の世界大会ではほぼ常にメダル争いに絡んできたチームです。W杯では金メダルを獲得したこともあるチームであり、グループCは圧倒的な力で勝ち上がってくると予想されます。WNBAで活躍する選手が多く、来日できるメンバーの構成に対する不安が少しありますが、基本的には問題なく決勝トーナメントに進出してくるでしょう。

ベルギー

ベルギー

FIBAランキング:6位

FIBAランキングは6位ですが、オリンピックへの出場が、東京オリンピックが初出場となる珍しいチームです。しかし、こちらも初出場となった2018年のW杯では4位に入っており、オリンピック本大会でもFIBAランキング通りの力を発揮することができるでしょう。グループCでは2位をキープして決勝トーナメントへの出場を果たすことを目指す形になるでしょう。

中国

中国

FIBAランキング:9位

グループCの中でも不気味な存在と思われるのが中国です。実は過去にメダルも取ったことのあるチームであり、人口の多さとバスケの盛んさから、有力な選手が多いことでも知られています。

ここ最近の国際大会では12位、13位など決勝トーナメントに入る前の順位で終えているため、確実に決勝トーナメントに出場できるとはいえませんが、新型コロナの影響も世界でいち早く終息したと言われており、日本への距離も近いので、チーム全体のコンディションが高い状態でオリンピックに挑めるため、決勝トーナメント進出も十分にあり得るでしょう。

プエルトリコ

プエルトリコ

FIBAランキング:23位

オリンピック・W杯両方合わせて、初出場となるのがプエルトリコです。実力的にも、経験的にも、非常に厳しい戦いを強いられることになるでしょう。国際大会常連の男子と比べ、なかなか情報がないため、選手構成などを知るのにも一苦労ですが、東京オリンピックで台風の目となるのは難しいのではないかと予想できます。

グループC日程

  • 2021年7月27日 17:20〜 オーストラリア vs ベルギー
  • 2021年7月27日 21:00〜 中国 vs プエルトリコ
  • 2021年7月30日 10:00〜 ベルギー vs プエルトリコ
  • 2021年7月30日 21:00〜 オーストラリア vs 中国
  • 2021年8月2日 17:20〜 ベルギー vs 中国
  • 2021年8月2日 21:00〜 オーストラリア vs プエルトリコ

決勝トーナメント

先述しましたが、決勝トーナメントには予選リーグの各グループ上位2チーム + 3位チームの中での上位2チームの合計8チームが出場し、メダル争いをすることになります。では、決勝トーナメントの日程を見ていきましょう。

決勝トーナメントの日程

  • 女子準々決勝1試合目 2021年8月4日 10:00〜
  • 女子準々決勝2試合目 2021年8月4日 13:40〜
  • 女子準々決勝3試合目 2021年8月4日 17:20〜
  • 女子準々決勝4試合目 2021年8月4日 21:00〜
  • 女子準決勝1試合目 2021年8月6日 13:40〜
  • 女子準決勝2試合目 2021年8月6日 20:00〜
  • 女子3位決定戦 2021年8月7日 16:00〜
  • ]女子決勝 2021年8月8日 11:30〜

まとめ

女子5人制バスケの各リーグの対戦カードや大会フォーマットについてご紹介しました。

今後TV放送や詳細の情報、そして最終予選通過チームも判明してきますので、
より詳細がだんだん見えてくる頃かと思います。

一生に一度あるかどうかの母国でのオリンピックですので、
ぜひこの機会にバスケを楽しんでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました