【2020年】高校バスケの強い県はどこ?過去の全国大会の結果で検証してみた!

ライフスタイル
スポンサーリンク

各都道府県の強豪校分析は下記のリンクからどうぞ!

【2020年度版】各都道府県の高校男子強豪校分析一覧
男子高校バスケットボールの2010年代の各都道府県大会の結果を元に、各都道府県の成績トップ4を分析、ご紹介しております。 あなたの住んでいる都道府県の男子高校バスケの強豪校はどこでしょうか?参考にしてください。

今回は、高校単位ではなく、都道府県単位で見たときに全国的に強い都道府県はどこなのかという分析をしてみました。

そこで2010年代の大会実績から、全国のバスケ強豪都道府県TOP4をご紹介します。

スポンサーリンク

TOP4の決め方

ではここから、強豪都道府県についてご紹介したいのですが、出来るだけ「実績」ベースでご紹介をしたいので、今回は下記のような方法で集計をした結果をご紹介したいと思います。

協会に掲載されている結果を参考

東京都や大阪府での強豪分析に使用したのと同じように、過去の大会実績を使用して集計をしています。

また、1つの大会のみを集計するとブレが大きくなりやすいので、インターハイ(全国大会)、国体、ウインターカップ(全国大会)を集計します。
参考:https://wintercup2019.japanbasketball.jp/bracket/

例えば、2019年のウインターカップは福岡第一高校が優勝しましたが、この場合には、「福岡県が優勝」として記録します。

資料がない大会については、別途調査を行いました。

順位によってポイント付与

各大会上位4位のチームに対し、1位 4P, 2位 3P ,3位 2P, 4位 1Pとポイントをつけて集計しました。
しかし、全国大会の場合、3位決定戦を行わない大会も多いため、同率3位となった場合には両都道府県に3位のポイントを付与しています。

ポイントが多い順に並べた場合の4つの学校をTOP4とします

2011年〜2019年の各大会結果

公式記録として掲載されている各大会の結果はこちらの通りです。

大会1位2位3位4位
2011年インターハイ宮崎県福岡県栃木県静岡県
2011年国体宮崎県愛知県福井県広島県
2011年ウインターカップ宮崎県香川県静岡県福岡県
2012年インターハイ宮崎県京都府東京都埼玉県
2012年国体京都府長野県北海道山形県
2012年ウインターカップ宮崎県香川県京都府福井県
2013年インターハイ東京都静岡県宮城県福岡県
2013年国体東京都福岡県高知県宮城県
2013年ウインターカップ宮城県福岡県東京都静岡県
2014年インターハイ福岡県宮城県京都府愛知県
2014年国体福岡県茨城県京都府広島県
2014年ウインターカップ宮城県福岡県千葉県愛知県
2015年インターハイ宮城県愛知県新潟県京都府
2015年国体茨城県宮城県愛知県福井県
2015年ウインターカップ宮城県茨城県秋田県愛知県
2016年インターハイ福岡県京都府福島県山形県
2016年国体京都府石川県福岡県岩手県
2016年ウインターカップ福岡県京都府石川県新潟県
2017年インターハイ福岡県宮城県新潟県福岡県
2017年国体京都府福岡県静岡県宮城県
2017年ウインターカップ宮城県福岡県新潟県福岡県
2018年インターハイ新潟県愛知県宮城県長野県
2018年国体福岡県愛知県京都府千葉県
2018年ウインターカップ福岡県愛知県愛知県新潟県
2019年インターハイ福岡県福井県兵庫県新潟県
2019年国体福岡県宮城県京都府茨城県
2019年ウインターカップ福岡県福岡県福井県京都府

TOP4のご紹介

では、上記の計算をした結果の大坂府の2010年代高校バスケ強豪校TOP4をご紹介します。

福岡県

獲得ポイントは、69P。

2010年代の全国大会での高校バスケトップの都道府県は、福岡県です。

優勝回数が最も多く、27大会中10回優勝、7回の2位と、半分以上の全国大会で1位 or 2位には福岡県のチームが輝くという結果になりました。直近の2019年ウインターカップ決勝では、全国大会の決勝にもかかわらず、福岡県のチーム同士の対決になったことも話題になりました。

福岡県は、福岡第一高校と福岡大学付属大濠高校という、全国的にも強力な力のある2校が筆頭ではありますが、この2チームを破って全国大会に出場してくるチームも存在するなど、県大会から相当なレベルでの凌ぎ合いをしています。その切磋琢磨がこの結果に表れているのではないでしょうか。

宮城県

獲得ポイントは、40P。

2010年代の全国の高校バスケを福岡県と共に引っ張ってきたのが、宮城県です。

成績も優勝5回、27大会中4位以上13回と、やはり半分近くの大会で全国ベスト4に残ってきています。
2010年代の宮城県といえば、明成高校でしょう。NBA選手となった八村選手が在籍した高校であることでも話題となっていますが、八村選手がいた時代がまさに黄金期であって、今回の集計の優勝5回のうち4回は彼がいた時代のものです。

しかし、八村選手前後でもベスト8以上には頻繁に顔を出してくるチームですので、今後も強豪校であることは変わりないでしょう。

京都府

獲得ポイントは、35P。

成績としては、優勝3回、準優勝3回、ベスト4以上13回と、宮城県と同じく、半分近くの大会でベスト4入りを果たしています。

京都府といえば、洛南高校と東山高校の2トップでしょう。全国でもそのどちらかのチームが上位に食い込んでいます。この2校のライバル関係は相当昔から続いており、京都府大会の優勝と準優勝はほとんどこの2校になっています。

ここ数年では、東山高校が急激な伸びを見せているのも見ものです。

愛知県

獲得ポイントは、23P。

2010年代に優勝経験はありませんが、ベスト4以上が10回とコンスタントに上位に入り続けているのが愛知県です。全国上位を狙う中部第一高校と桜ヶ丘高校の2トップが、2020年現在では愛知県の全国的な強豪として認知されていますが、両校ともこの年代から急激に力をつけ始めた高校と言うことができ、それより前の愛知県の代表は別の高校が名を連ねていました。

そのため、今後も県内で激しい代表権争いが繰り広げられると考えられるため、
また新たな全国的な強豪校が出てくる可能性も否定できない、ポテンシャルの高い県だといえます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

全国上位に食い込めるようなチームが2チーム以上、
同一都道府県の中に存在しているようなエリアが、上位に食い込んでいる傾向があります。

ちなみに、トップになった福岡県は、2018年の国体から2019年のウインターカップまで、
現在全国大会を5連覇中です。

新型コロナウイルスの影響で、次の全国大会はいつ開催になるか不明ですが、
都道府県ベースでみた強豪調査も面白いのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました